【小学校外国語活動】4年生/Let’s try2/Unit6『Alphabet』の活動例

小学校英語活動

今回はLet’s try2のUnit2/4年生のアルファベットの単元の活動例を紹介します。

英語の授業で使える表現はこちらです↓

【2020年最新】小学校外国語活動で使える英語表現70個

単元目標

  • 身の回りには活字体の文字で表されているものがあることに気付き、活字体の小文字とその読み方に慣れ親しむ。
  • 身の回りにあるアルファベットの文字クイズを出したり答えたりする。
  • 相手に配慮しながら、アルファベットの文字について伝え合おうとする。

言語材料

  • Look.What’s this? Hint, please.How many letters? I have(six)Do you have (a”b”)?Yes, I do./No, I don’t. That’s right. Sorry. Try again.
  • 小文字(a〜z)letter.bookstore.juice.news.school.station.taxi.telephone.

絵本

恐竜や海の中などいろんな世界でアルファベットが見つけられます。大文字だけですが、授業の導入で復習として使うのも良いです。

【アルファベットはこの1冊でマスター!】『ゆかいなアルファベットだいずかん』

身の回りのアルファベット探し

  1. 小文字a〜zまでが書いてある紙を用意します。
  2. 子どもたちが自分の身の回りや教室内小文字を見つけたらその都度○をしていきます。
  3. a〜zまで全て見つけられるかなチャレンジをします。

zなどは見つけるのが大変だと思うので、もし見つけた児童がいたらそのアルファベットが書いてある箇所を全員でシェアしていきましょう。

この絵に隠れているのは?

小文字でイラストを作ったものを黒板にかいていきます。例えば次のようなものです。

たった今考えたほんの一例です。こんな絵ですみません。(笑)

この3つの絵の中にa.b.c.d.oが隠れています。隠れているアルファベットを子どもたちが探していきます。

時間があれば子どもたち自身が隠れているアルファベットのデザインを考えても楽しいですよ。

アルファベット体操

全身を使ってアルファベットを作ってみたり、指だけでもアルファベットを作れるのでa〜zまで作ってみましょう。

また小文字のアルファベット体操のDVDもあります。ショート(小さい)/トール(背高)/テール(尻尾つき)の3つの形を捉えることができます。

You Tubeに少しだけこのDVDの内容が載っているものがあったのでご紹介します。

mpi松香フォニックス公式 『アルファベットチャンツ』DVDより —小文字たいそう

子どもたちは一緒に立ったり座ったりして、動きながら覚えられるのでオススメです。

爆弾Zゲーム

a〜zまでのアルファベットの中で一人1つ〜3つまでアルファベットを言うことができます。ペアやグループで挑戦して最後のZを言った人が負けです。

例えばabc→de→f→g→hj→klmと言っていき…….→zを言う順番が回ってきた児童がアウトです。

文字探し

教科書p.22/23に看板と絵が描かれています。

何文字で描かれていて、何の文字で始まっているというヒントを与えて、子どもたちはそれが何の看板かを見つけて答えます。

例えば

「How many letters?」と子どもたちに聞かせるように指示し、

「six letters」「First letter is “p”」と教師が答えます。

「Police」と子どもたちが見つけて答えます。

この見つける活動をしてからLet’s Watch and Thinkを見ても良いと思います。

まとめ

今紹介した内容をUnit6の単元に活用していただければ嬉しいです。

【2020年最新】小学校外国語活動で使える英語表現70個

【完全保存版】小学校外国語活動/全学年全単元で使える単語練習の方法7つ

【小学校外国語活動】4年生Let’s try2/Unit5『Do you have a pen?』の活動例

【小学校英語活動】Let’s try2・What time is it?の活動例を紹介します

コメント

タイトルとURLをコピーしました