【6年生/外国語(英語)Unit3】「Let’s go to Italy」の4時間目〜8時間目の活動例

小学校英語活動

今回はUnit3「Let’s go to Italy」の4時間目〜8時間目の活動例を紹介します。

1時間目〜4時間目までの活動例はこちら をご覧ください。

では早速紹介していきます!

活動例

5時間目

めあて

行きたい国の紹介文(クイズ)を考えよう

授業の最初

あいさつ

レッスンルール

Sounds and letters

Let’s chant

までは同じ流れです。

スモールトーク

What do you want to eat?

世界中の料理で何を食べたいかを聞きます。日本の料理もOKです。

Step1

ニューホライズンP.26のStep1を次の順番でしていきます。

  1. モデル映像を視聴させます。
  2. 教科書のモデル文を読みます。

国クイズ(紹介文)を作る

自分の行きたい国を次の手順に沿ってクイズを作っていきます。

  1. 「自分の好きな国」もしくは「自分の行きたい国」を決めます。
  2. タブレットが使える学校であれば、タブレットを使って1ページにつき1つの文と写真を作ります。

    例えば、行きたい国がアメリカの場合、You can see a statue of liberty.(自由の女神が見れる)の文と写真を貼って1ページ作ります。次のページにYou can eat○○.(文と食べ物の写真)そして次はYou can enjoy○○.It’s ○○.と様子を表す文のように作っていきます。

  3. 次にWhat’s  country?と作り、発表の際にみんなにどこの国のことを言っているのか考えさせるページを作ります。
  4. 最後にI want to go to ○○.と答えを発表するページも作ります。

タブレットが無い学校はB4かA3くらいの大きさの用紙を用いて、4等分し、You can see○○. You can eat ○○. You can enjoy○○.It’s ○○.と様子を表す文と絵を描いていきます。

 

要するに書く文は

  • You can eat○○.
  • You can see○○.
  • You can enjoy○○.
  • It’s○○.
  • What’s this country?
  • I want to go○○.

の6文です。

You can enjoy○○.が難しい場合省いてもOKです。

6時間目

めあて

行きたい国クイズの準備や練習をしよう。

授業の最初

あいさつ

レッスンルール

Sounds and letters

Let’s chant

まで同じ流れです。

発表の準備と練習

前時の続きをしていきます。

完成した子どもたちから発表の練習をしていきます。

振り返り

振り返りシートに本時と前時の振り返りを書きます。

7時間目

めあて

行きたい国のクイズ発表をしよう。

授業の最初

あいさつ

レッスンルール

Sounds and letters

Let’s chant

まで同じ流れです。

発表

全体発表でクイズを出していきます。

コメント

1人1人の子どもたちに良かったことなどのコメントをしていきます。

8時間目

テストをする学校はテストをします。

テストがない学校はニューホライズンのP.28-29の世界遺産や世界のすてきなどを学習します。

まとめ

Unit3の最後は行きたい国紹介のクイズにしましたが、劇でもできると思います。クラスの雰囲気にあった方法を試してみてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました