【3年生/外国語活動】Unit1『Hello!世界のこんにちは』の活動例4つ

小学校英語活動

今回は3年生のUnit1『Hello!世界のこんにちは』の活動例を4つ紹介します。

世界の国のあいさつ

『10人のインディアン』という歌はご存知でしょうか?

『10人のインディアン』のメロディに合わせて世界の国のあいさつが歌えます。

  • 各国のあいさつ最初に書いているものが”こんにちは”で次が”ありがとう”です。

ハロー サンキュー(アメリカ)

ボンジュール メルシー(フランス)

ニーハオ シェイシェイ(中国)

ジャンボ  アサンテ(ケニア)

ズトラーストヴィチェ スパシーバ(ロシア)

ボアタルジ オブリガード(ブラジル)

アンニョンハセヨ カムサハムニダ(韓国)

ヒューヴァーパイヴァー キートス(フィンランド)

ナマステ ダンニャワード(インド)

こんにちは ありがとう(日本)

歌い方

  1. アメリカのハローから日本の”こんにちは”まで各国の”こんにちは”ばかりを歌います。
  2. 各国の”ありがとう”バージョンを歌います。
  3. “こんにちは”と”ありがとう”バージョンの混合バージョンを歌います。

などいろんな歌い方ができます。

You Tubeで『10人のインディアン メロディ』と検索するとピアノの伴奏などが出てきます。とても簡単なので取り入れてみてください。

国旗を使って

キーワードゲーム

  1. 各国の国旗を用意し、黒板に貼ります。
  2. それぞれの国の”こんにちは”や”ありがとう”の言い方を確認します。
  3. 何個かの国旗の上に★印などを描き、何の動作をするかを決めます。(例えば頭の上で手を叩くなど)
  4. その★を指さしたら、3で決めた動作をするとともにその国の”ありがとう”もしくは”こんにちは”を言います。

印を変えて(○や▲など)動作をどんどん増やしていくと難易度が上がり、盛り上がります。

あいさつ

  1. 各国旗をランダムに子どもたちに配ります。
  2. 子どもたちは歩き回り、ペアを見つけて友だちの持っている国旗のあいさつをします。
  3. 自分と同じ国の国旗を見つけたら、あいさつをしてペアになって座ります。
  4. 全員がペアを見つけたら終了です。(時間で区切ってもOKです)

国旗を用意するときはペアを組めるように大体均等になるように作ってください。

NHK番組

Hello!あいさつをしよう!

1分27秒の短い動画で、Hello!やHi!Nice to meet youなどのフレーズが聞けます。

【ルーシー】Hi, Sam. こんにちは、サム。
【サム】Ugh! Oh… Lucy, why are you here? うっ! おぉ……。ルーシー、なんでここにいるの?
【ルーシー】The door was open. ドアが開いてたから。
【サム】OK. Hmm? Hello? Huh. そっか。あれ? おーい? はぁ。
【ルーシー】Albert! Sam, this is my friend Albert. アルバート! サム、わたしの友達のアルバートよ。
【サム】Hello, Albert. I’m Sam. こんにちは、アルバート。ぼくはサム。
【アルバート】Uh… うぅ……。
【ルーシー】Albert! アルバート!
【サム】Nice to meet you, Albert. よろしく、アルバート。

まとめ

3年生からいよいよ英語がスタートしますね。英語に初めて触れる子どもたちにも「英語ってこんなに楽しんだ」と思ってもらえるように、先生たちも元気いっぱい授業をしていきましょう!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました