【1分インドネシア語】『たくさん/少し汗かいた』『そんなに動くと汗かくよ』をインドネシア語で何と言う?

インドネシア語

どうも!nahoです。

日本は夏真っ盛りで暑い日が続きますね。

インドネシアにいらっしゃる方はもう毎日が暑すぎると思いますが。

今回は汗に関するインドネシア語の表現を紹介します。

『汗をかく』

インドネシア語で汗をかくは

berkeringatと言います。

カタカナで発音を書くと”ブルクリンガット”です。

『少し汗をかいた』

Sedikit berkeringat

sedikit”スディキット”は『少し』という意味です。

『たくさん汗をかいた』

Banyak berkeringat

banyak”バニャック”は『たくさん』ですね。

『そんなに動くと汗をかくよ』

Kalau banyak bergerak nanti berkeringat

kalau”カラウ”は『もし〜ならば

bergerak”ブルグラック”『動く』

nanti”ナンティ”『後で』

nantiは”nanti ya”『後でね』などとよくその単語単体だけでも使います。

最後に

 
にほんブログ村 外国語ブログ インドネシア語へ
にほんブログ村
 

ランキングに参加し始めたので良かったらクリックお願いします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました