【英語絵本】Yo!Yes?を日本語で読んでみるときのポイント/What’s up?の4つの使い方

英語

どうも!nahoです。

今回は英語の絵本「Yo!Yes!」を読んでいきましょう。

この本はどういう方におすすめですか?

一文一文がすごく短く、かつ短文で書かれていてとてもリズミカルに読んでいけますので、0歳からでも読み聞かせできます。

なるほど。

短文を交わしながら、最後にはお友だちになっていく心温まるストーリーです。読みやすいのでぜひ一度読んでみてくださいね。

早速読んでいきたいのですが、Who?やWhy?などとても簡単な表現で書かれていて特に訳していくまでもありません。

ですので、一つの表現だけ掘り下げてみていきましょう。

What’s up?

最近どう?

「元気ですか?」を英語で聞くときの日本人にとっておなじみの表現はHow are you?ですよね。
ここででてきているWhat’s upの一つの意味として、How are you?のように「最近どう?」の意味がありますが、How are you?よりもとてもフランクに使われます。
そしてWhat’s new?What’s up?と同じような意味です。
答え方としては
  • Not much.「特に何もないよ。」
  • Nothing much.「同上」
  • Nothing special.「同上」
  • Just the usual「いつもと同じだよ」
  • Same as usual「同上」
  • Same old, same old「同上」

などがあります。

やぁ!

What’s upはただの挨拶としても使われます。

日本語でも「こんにちは」と言われたら「こんにちは」と返すように、What’s up?と言われたらWhat’rp up?と返します。

何してるの?

What are you doing?のように何してるの?と聞いたり、予定を聞いたりすることもできます。

  • What’s up now?「今何してる?」
  • What’s up tomorrow mornig?「明日の朝の予定何?」 

どうかしたの?

What’s upにwithをつけて

What up with you?で「どうかしたの?」と聞くこともできます。

  • What’s up with you?You look feeling bad.「どうかしたの?しんどそうだよ。」

まとめ

お子様にこの絵本を読み聞かせする時に、What’s up?はこんな使い方もあるんだよということを教えてあげるとぐーんと英語の知識の幅が広がっていくと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました