【保育園の英語絵本】『Wilberforse goes to playgroup』を紹介します

英語絵本

どうも!nahoです。

3歳から通う幼稚園や保育園は日本では無償化になりましたよね。子を持つ母としてはとてもありがたい話なのですが、娘も来年から幼稚園で今は園選びに奔走しているところです。選択肢が多すぎて娘に合うのはどこかな、、と考えているとあっと言う間に1時間は平気で経ってしまいます。園選びのアドバイスなどがあればぜひ教えていただきたいです。

前置きが長くなってしまいましたが、今回はくまさんが初めて保育園に行くお話を紹介します。

保育園や幼稚園はどんなところかな、、とワクワクしている未就園のお子さまや、自分たちと違うところ同じところを探せるのでもうすでに園に通っておられるお子さまにもオススメです。

『Wilberforce goes to playgroup』の詳細

  • 作者/Margaret Gordon
  • ページ数/32ページ
  • 大きさ/20×1×23cm
  • 絵本のイメージ

新しくできた友だちサムの絵を手伝ってあげているところですが、なんだかお互いの顔に絵の具で描きあってしまっていますね。英文はこの写真にも写っているように一文だけなので、とっても読みやすいです。また英語の勉強のやり直しをされている方でもgoの後ろに3単元のsがついてgoesになっていたり、様々な動詞の過去形も載っているので勉強になると思います。

『Wilberforce goes to playgroup』の英語表現

ではこの絵本に出てくる英語表現を紹介します。

  • goes(goの3単元のSがついた形)「行く」
  • went(goの過去形)「行った」
  • had(haveの過去形)「持った」
  • cleaned(cleanの過去形)「きれいにした(掃除した)」
  • decided(decideの過去形)「決めた」
  • asked(askの過去形)「尋ねた」
  • made(makeの過去形)「作った」
  • said(sayの過去形)「言った」
  • sat(sitの過去形)「座った」
  • go off「去る」

Off he went to playgroup.「彼は保育園に行った。」

まとめ

たくさんの英語の動詞の過去形が学べる1冊でしたね。お子さまにもそして英語のやり直しをしたい方もぜひ読んでみてくださいね。簡単な絵本から初めて1冊読み切ると自信に繋がっていきますよ。

素敵な考え方や学校で過ごすディビットの本もご一緒にどうぞ↓

【みんな違ってみんないいの英語絵本】『It’s okay to be different 』を紹介します!

【子どもを褒めるフレーズ36個一挙公開!】ディビッドシリーズ『David goes to school』

【言い訳は英語で何?言い訳に関するフレーズ14個】英語絵本『David gets in trouble』で解説

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました