【英語のややこしいon/ inの前置詞もマスター】エリックカールの『Today is Monday』

英語絵本

今回は簡単そうで難しい英語の前置詞on/inの区別とともに英語で曜日を覚えられる絵本・エリックカールさんの『Today is Monday』を紹介します。

この絵本では1週間、月曜から日曜日まで色々なものを食べていく、有名なアメリカのわらべ歌です。

他のエリックカールさんの絵本はこちらです。

【英語で時間の言い方もマスター】エリックカールの『The Grouchy ladybug』を解説します!

【英語で数と動物の言い方の英語絵本】エリックカールの1.2.3 to the zoo

【英語絵本】エリック・カールの「Baby Bear, Baby Bear, What do you see?」を読んでみよう

【英語絵本】動物の鳴き声を英語で/Polar Bear, Polar Bear, What do you hear?を読んでみよう

【英語絵本】出てくるのはたった2文!「Do you want to be my friend?」を日本語で読んでみよう

前置詞on/in/at

曜日の前置詞

英語では「前」に「置」く「詞(ことば)」として名詞の前に前置詞が使われます。

さて、ここで問題です。

英語の「曜日」や「日付」の前にはin/on/atのどの前置詞が使われると思いますか?

正解は「On」です。

Onのイメージは「上に」ではなく何かにひっついている(接触している)イメージです。

  • On the wall→壁に接触しているので「on」を使います。

時間に接触していたら

  1. on and on
  2. from now on

「ずっと」の意味になります。1も2も両方「ずっと」の意味です。

  • On and Off

時間にくっついたり、離れたりする訳ですから「時々」の意味です。

前置詞in

前置詞「in」は囲われている(=期間)のイメージです。

  • In July(7月)
  • In summer(夏に)

など、全て期間(囲われている)にinが使われます。

On timeは「ちょうどその時間に間に合って」

In timeは「(幅を持たせた時間に)間に合って」

人によって多少のニュアンスの違いこそあれ、おおよそはこの意味の違いです。

この意味もinが『囲い』というところからイメージできますよね。

月曜日から日曜日

さて、onとinの違いが明確になったところで、本文の解説に入っていきましょう。

この絵本は一週間の曜日がメインに書かれていますので、英語での一週間の言い方の復習からしていきましょう。

  • Monday(月曜日)
  • Tuesday(火曜日)
  • Wednesday(水曜日)
  • Thursday(木曜日)
  • Friday(金曜日)
  • Saturday(土曜日)
  • Sunday(日曜日)

食べ物

本文に出てくる食べ物たちです。

  • string beans(さやいんげん)
  • zooooop(象が飲むスープのこと)

→本当はスープ(soup)なのですが、動物園(zoo)で出されるスープだということと、鼻の長い象が「すする」音をかけてエリックカールさんが作り出した言葉だそうです。

  • roast beef(ローストビーフ)

日本語訳ではハンバーグと訳されていますが、ハンバーグはHamburg Steakと言われることが多いです。

『Today is Moday』の歌

Today is Monday

こちらのYou Tubeに歌がありました。この絵本を見ながらお子さまと一緒に歌ってみてくださいね。

まとめ

Onとinの前置詞の違いはっきりしましたか?日本語にはあまり前置詞という概念がないのでなんとなーく英語でも分かっているつもりになっていることが多いですよね。しっかりイメージ化してあげるとどの文で出てきても対応できるようになります。

この絵本の歌を一緒に歌うと、子どもたちは自然に曜日や食べ物の名前、文章そのものも覚えてしまいます。言語習得には欠かせない『丸ごと覚える』『リズムに乗って覚える』が自然にできてしまう1冊です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました