【ハロウィンにぴったりな英語絵本】『The Ugly Pumpkin』を紹介します

英語絵本

どうも!英語絵本のnahoです。

もうすぐハロウィンですね!以前は『This is NOTa Pumpkin』を紹介しました。

【ハローウィンにぴったりな英語絵本】『This is Not aPumpkin』を紹介します!

今回は『The Ugly Pumpkin』を紹介します。直訳すると『醜い姿をしたかぼちゃ』といったところですが、ただみんなと姿が違うってだけのことです。

この絵本で言われていることは人の世界にも置き換えられるなと。『The Ugly Pumpkin』のネタバレになってしまいますが、自分のことを認めてあげればいいだけのことなんだと思います。

『The  Ugly Pumpkin』のあらすじ

人と違った見た目をしているかぼちゃは誰かが自分を家に連れてっていってくれるのをずっと待っていましたが、誰も現れませんでした。畑から一人で出発したかぼちゃは果たして自分に適している場所を見つけることができるのでしょうか、、?

『The Ugly Pumpkin』の詳細

  • 作者/dave horowitz
  • ページ数/40ページ
  • 大きさ/20.32 x 0.46 x 25.4 cm
  • 絵本のイメージ

Uglyの字体もまさしくUglyを表していますが、『The Ugly Pumpkin』は文字で表現していたり、文を絵で補足しているところも多いです。例えば、木がかぼちゃにりんごを投げるシーンがあるのですが。そこでの文は”Another cruel joke”(他の木がひどいいたずらをしてきた。)だけなので、絵からどんないたずらをしてきたのかを読み取っていきます。

『The Ugly Pumpkin』の英語表現

  • plainly「はっきりと」

You can plainly see.「はっきりと見える。」

  • one hundred thousand「10万」
  • things start looking up「状況がよくなる」
  • end up「結局〜になる」
  • get tricked「騙される」
  • It’s getting late.「もう遅い時間になってきた」
  • crispy「肌寒い」

「get」が「~している最中」を表す進行形になると「変化の最中」「変化の途中」という意味になります。つまり、「しつつある」「になってきた」という言い方です。たとえば

「I’m getting sick.(風邪をひいてきた。風邪のひきはじめ)」

「I’m getting drunk.(酔っ払ってきた)」

「My English is getting better.(英語が上達してきた)」

などと言えます。

  • yer=your「あなたの」
  • squash「かぼちゃ」
  • feast「ごちそう」
  • thanksgiving「感謝祭」

まとめ

最後は”The Ugly Pumpkin”も自分にぴったりの居場所を見つけられて良かったです。

ハロウィンにオススメの絵本は他にもこちら↓

【英語絵本】ハローウィンにもぴったりな仕掛け絵本『Go Away, Big Green Monster!』

【ハローウィンにぴったりな英語絵本】『This is Not aPumpkin』を紹介します!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました