【英語絵本】14ひきのおつきさまの英語版「the family of fourteen And the Moon」を読んでみよう

英語

今回は「14ひきのおつきみ」の英語版をご紹介します。このブログでは主に単語やイディオムを紹介するので、参考にしていただくと辞書をひくことなくこの絵本が読めると思います。

この絵本はこんな方におすすめ
  • 14ひきシリーズが好きなお子さまがいらっしゃる方
  • 一文一文が読みやすい文で比較的短い絵本を探している方
  • 十五夜(お月見)の絵本を探している方
  • 日本の風習を外国の方に紹介する本を探している方

そもそも中秋の名月とは

中秋の名月とは、旧暦8月15日のことを指します。「十五夜」と同じ意味です。もともとは中国が起源で、平安時代ごろにこの風習が日本にも伝わったとされます。そして貴族などで「観月の宴」が催されるようになりました。そこでは、月を眺めながら和歌を詠むなどの楽しみ方をしていて、自然の移ろいや風情を楽しむためのイベントだったらしいです。江戸時代には、ちょうど秋口で収穫祭という意味合いも重なり世間一般にも広く知れ渡るようになったそうです。

そして、毎年中秋の名月の日にちが変わるのご存知ですか?毎年日にちをチェックして、この絵本に出てくるようにお団子などを用意してお月見ができたらいいですね。

それでは早速読んでいきましょう。

単語/イディオム

rise up

上がる

higher

より高く

ladders

はしご

the rest of the way

残りの道

rung

はしごの横木

登っても登ってもまだてっぺんにつかなかったのですね。

nap

お昼寝をする

カエルが木の葉っぱの上でお昼寝をしていました。

you made it!

やったね!

rustle

(木の葉っぱなどが)カサカサ音を立てる

風に揺れて葉っぱが鳴っていました。

branch

木の枝

ladybug

てんとう虫

inchworm

しゃくとり虫

fall on

落ちる

本文ではfell on「落ちた」

dragonfly

トンボ

weather forecast

天気予報

far into distance

はるか遠くに

dye

染める

遠くに見える山や空が夕焼け色に染まってきました。

in time

間に合う

お母さんやおじいちゃんなど後から来た組もちょうど日没の時間に間に合ったのですね。

set out

並べる

grateful

感謝して

acorn

どんぐり

guest of honor

主賓

お月見なのでお月さまですね。

harvest moon

中秋の名月

float in

(心の中に)浮かぶ

harvest plentiful

たくさんの収穫(たくさんのみのり)

gentle light

優しい光

pour

(光などを)注ぐ、浴びせる

お月さまの光が森や山、遠い海にまで注がれていました。

まとめ

この絵本を通して、お月さまに感謝するという日本古来から伝わっている風習が英語の絵本になっていて、全世界の方に知っていただけるというのもすごく素敵なことだなと思います。

お昼、夕焼け、日没後など背景の色が鮮やかに変わっていくのもこの絵本の素晴らしいところですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました