【英語絵本】育児書としても使える!The carrot seedを読んでみよう

英語

今回は英語絵本の「The carrot seed」を紹介します。

この絵本の特徴
  • 同じ文が何回も繰り返されている
  • 一文一文も短文で読みやすい
  • 誰が何を言おうが、諦めなく毎日やり続けたら最後は報われるストーリー

それでは早速読んでいきましょう。このブログを参考にしていただくと、辞書なしでこの英語絵本を読んでいただくことができます。

単語/イディオム/文

I’m afraid

残念だけど

 come up.

芽を出す

本文ではit won’t come up.「芽を出さないだろう」

少年が人参の種を植えたのに、お母さん、お父さん、お兄さんにこの同じことを言われました。

pull up the weeds

雑草を引き抜く

sprinkle

水をまく

nothing came up

何も芽が出て来なかった

keep saying

言い続ける

the little boy had known it would.

小さい男の子だけが芽が出ることを知っていた

まとめ

この英語絵本は子どもに関わる仕事をしている方、親御さんにもぜひ一読していただきたい1冊です。

周りが心配してとやかく言おうが、毎日コツコツ続ければその子どもが信じている夢が叶うことがあるということがこの絵本の最も伝えたいことかと思います。

私も子どもがいますので、この教訓をしっかりと胸に刻んでおきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました