【ハロウィンにオススメ英語絵本】『skeleton hiccups』を紹介します

英語絵本

どうも!nahoです。

来年に向けてハロウィンでも使える英語絵本を再び紹介します。

今回は『Skeleton Hiccups』です。Hiccupは「しゃっくり」なのでどんなお話か想像がつきますか?

『Skeleton Hiccups』のあらすじ

そのタイトルの通り、朝突然しゃっくりがでてきてしまった骸骨がいろんな方法でしゃっくりを止めるのを試していきます。その方法が面白くて子どもたちも笑う場面がたくさん出てきます。

『Skeleton Hiccups』の詳細

  • 作者/Margery Cuyler
  • 大きさ/25.4 x 0.51 x 25.4 cm
  • ページ数/32ページ
  • 絵本のイメージ

朝起きると同時に骸骨のしゃっくりが始まっている場面です。日本語でしゃっくりの音を表すときは”ひっくひっく”って言いますよね。英語でも”hic hic”と書かれていて同じなことも学べます。こういった事は実際に英語圏に住んでいないと分からないことですよね。それを学べるのも英語絵本の良いところの1つです。ちなみにくしゃみの音 は”Achoo”と表します。

これはしゃっくりを止めるためにお化けとキャッチボールをしている場面です。骸骨はしゃっくりを止めるためにいろんな試行錯誤をしています。

英文も短くとても簡単なので0才から読み聞かせできます。ただ滑稽に描かれているとはいえ、絵は骸骨で怖いお子さまもいるかもしれないので注意が必要です。

『Skeleton hiccups』の英語表現

この絵本に出てくる英語表現をいくつか紹介していきます。

  • take a shower「シャワーを浴びる」
  • brush one’s teeth「歯をみがく」
  • polish「磨く」
  • carve a pumpkin「かぼちゃを彫る」
  • rake「(熊手などでかき集める)」
rake the leaves「葉っぱをかき集める」
  • nothing worked.「何も上手くいかなかった」

まとめ

骸骨がしゃっくりを止めるためにした行動が「えっ?そんな方法で止まる?」というものばかりなのでとても面白いです。

ハロウィンの絵本は他にもこちらです。

【ハロウィンの英語絵本】『The old lady who swallowed a bat』

【ハロウィンの英語絵本】『Big Pumpkin』を紹介します

【ハロウィンにぴったりな英語絵本】『The Ugly Pumpkin』を紹介します

【ハローウィンにぴったりな英語絵本】『This is Not aPumpkin』を紹介します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました