【1〜10まで数を数える英語絵本】『One Fox』を紹介します

英語絵本

どうも!nahoです。

今回は数を数える英語絵本を紹介します。ぱっとみた表紙のイラストだけでは英語を数える絵本だと分からないですが、ページをめくると1から順番に数を数えるようになっています。

名詞についてる形容詞がなじみがないものが多くてとても勉強になります。

『One Fox』のイメージ

36ページあります。1歳半頃からオススメです。

“snug”という単語を今まで見たこと聞いたことありますか?ちなみに私はありませんでした;)「居心地の良い」という意味の単語なのだそうですが、「ピッタリ寄り添う」という意味もあるようです。

Five snug eggs「5個のぴったりひっついている卵」の方が訳がしっくりきますね。

ちなみにこちらはどうでしょうか?

“beady eyes”です。私はbeadyもこの絵本で初めて知りました。「小さく丸く輝く」という意味です。日本語のビー玉の語源はこの単語なのかと思って調べてみるとどうやら全く違うようですね。『ラムネ玉』の製品規格で合格したものが『A玉』、不合格だった規格外品が『B玉』で、そこから”ビー玉”と名付けられたようです。諸説あるようなのでご存知の方がいらっしゃいましたらぜひ教えてくださいね。

まとめ

『One Fox』の絵本では1〜10までと100の数がどのくらいの量なのかを目でみて数えながら身につけることができます。

先程挙げた英語表現以外にもplump「ふっくらした」やfamished「お腹が空いた」など普段なじみのない英単語を学ぶことができます。

以下の絵本もオススメです。

【英語でのケーキの言い方はa cakeではない?!】『The very hungry caterpillar』

【英語絵本】If you give a mouse a cookieを日本語で/数えられる名詞と数えられない名詞の違い/give+人+物

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました