【夢を叶えた少女の英語絵本】『Me…Jane』を紹介します

英語絵本

どうも!nahoです。

夢を叶えられるって素敵ですよね。今回は少女が夢を叶えたお話『Me…Jane』を紹介します。

『Me…Jane』のあらすじ

女の子ジェーンは、鳥が巣を作るのを観察したり、蜘蛛の巣ができる様子を観察したり、好奇心旺盛で裏庭で夢中になって遊んでいました。そして、遊ぶ中でたくさんのことを学び、本でも調べだすようになりました。そんなある時ジェーンは一冊の本に出会い、アフリカに行き、動物のために暮らすことを夢見るようになります。

『Me…Jane』の詳細

  • 作者/Patrick McDonnell(パトリック・マクドネル)
  • コルデコット銀賞を受賞
  • ページ数/40ページ
  • 大きさ/21.91 x 1.27 x 24.77 cm
  • 絵本のイメージ

ジェーンと一緒に描かれているこの横のチンパンジーはぬいぐるみでどこにいくのもいつも連れて行っていたようです。『Me…Jane』の英語の文も簡単ですぐに読めますが、文のページに動物の絵や世界地図なども載っているのが個人的には好きです。

ジェーンが小さい頃に描いたそうです。こんな絵も載っています。

『Me…Jane』の英語表現

  • stuffed toy「ぬいぐるみ」
  • cherish「大切にする」
  • snuck into(過去形)→sneak into「忍び込む」
  • trunk「木の幹」
  • sap「樹液」
  • bark「樹皮」

She would lay her cheek against its trunk and seem to feel the sap flowing beneath the bark「ジェーンは木の幹に頬をあてると、樹皮の下を流れている樹液を感じているようだった。」

まとめ

ジェーンのように自分の中にある好奇心や興味を存分に満喫できる環境は最高に素晴らしいなと感じました。子どもはみんなジェーンのような好奇心がありますが、途中でさえぎったり違う方向に持っていこうとしてしまいがちですよね。母親の立場でこの絵本を読むと自分の子どもへの接し方を考えさせられる1冊でした。

子どもにとったら夢を追い続けて叶えられるって素敵だなという1冊になると思います。

夢を叶える絵本はこちらもどうぞ↓

【夢を叶えるためにはどうたらいいかが分かる英語絵本】『The Missing piece meets the Big O』

この考え方も素敵です↓

【みんな違ってみんないいの英語絵本】『It’s okay to be different 』を紹介します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました