【30秒で分かるuntilとbyの違いは?】英語絵本のメイシーちゃんも用いて解説します!

英語絵本

今回はuntil(till)とbyの違いを英語絵本のメイシーちゃんシリーズを使って解説します。メイシーちゃんのこの5冊【おはよう!メイシーちゃん】【メイシーちゃんのおかいもの】の2冊も英文のポイントをおさえながら一緒に読んでいきましょう。

untilとbyの違いは?

まずはuntilとbyの違いをはっきりとさせていきましょう。図で解説していきますね。

untilの考え方

  • untilの考え方は、のところまでずっとやり続けるというイメージです。
  • tillとuntilはほぼ同じ意味です。tillの方が会話で多く使われるようです。

『メイシーちゃんおかたづけ』の本文にもuntilがこのように使われています。

You’ll have to wait until it’s dry.

濡れている床が乾くまでずっと待たないといけないけれど、乾いたらケーキに近づけるのですね。

byの考え方

byは、のところまでで終わらせるイメージです。

I have to finish my homework by tomorrow morning.

明日の朝が期日でそれまでに終わらせないといけないということです。

untilとの違い分かりましたか?

untilはある地点までずーーっと続いているイメージ
byはある地点までに何かが起こるイメージ

否定文のuntilとby

下記の2文はどう違うでしょうか?

  1. He will not arrive until five o’clock.
  2. He will not arrive by five.

1のuntilの場合

着かないという状態が5時まではずっと続くけれど、5時になったら着くイメージです。

2のbyの場合

5時までには着くことが完了しないけれど、5時以降に着くイメージです。

微妙な違いでしたね。理解できなくても大丈夫です。1も2も「彼は5時までには着かないだろう。」と訳すことができますので。

さて、untilとbyの違いが明確になったところでメイシーちゃんシリーズ2冊を解説していきます。

おはよう!メイシーちゃん

Maisy is up early.

早起きすると聞くと、get up earlywake up earlyがすぐに思いつく方が多いかと思います。

be動詞+ up earlyでも早起きするの意味になります。

  • I was up early this morning.「今朝は早起きしました。」
  • I’ve got to be up early tomorrow.「 明日は早起きしなくてはなりません。」

It’s time to feed the chickens.

It’s time to〜.「〜する時間」

feed「エサをあげる」

「ニワトリにエサをあげる時間です。」

  • It’s time to go home.「家に帰る時間です。(家に帰りましょう。)」

Maisy is going to milk the cow.

  • be動詞+ going to「〜します」

be going toはこちらのブログで詳しく解説したのでご覧下さい。

【30秒で分かるgoing toとabout toの違いは何?】14ひきのひっこしの英語版を解説します!

  • milk a cow「牛の乳を絞る」

「メイシーちゃんが牛の乳を絞ります。」

メイシーちゃんのおかいもの

It’s time toの言い方がたくさん使われています。

  • It’s time to go shopping.「買い物に行く時間です。(買い物にいきましょう。)」
  • It’s time to pay at the checkout.「お金を払う時間です。(お金を払いましょう。)」
  • It’s time to sit down and have some lunch.

「席について、お昼ごはんを食べる時間です。(席についてお昼ごはんを食べましょう。)」

They look delicious.

look+形容詞で「〜に見える」

  • She looks happy.「彼女は幸せそうに見える。」
  • It looks yummy.「美味しそうに見える。」

まとめ

untilやbyの違いが小さいうちから英語の絵本を通して理解できるなんていいですよね。私もできることなら小さい頃から両親に英語の絵本読んでて欲しかったです(笑)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました