【子どものなぜ?に違った視点で答える英語絵本】『Just Because』

英語絵本

どうも!nahoです。

小さい子どもは好奇心の塊で「何で?」とよく聞いてきてくれますよね。私も以前娘に「なんでお月さんって形が変わるの?」って聞かれて上手に答えられずあたふたした記憶があります。

今回紹介する絵本は子どもの「なぜ?」に少し変わった視点から答えていて夢が広がる絵本です。

ではあらすじから紹介していきます。

『Just Because』のあらすじ

小さな女の子が寝る少し前にお父さんに疑問に思っているいろんなことを質問していきます。「なぜ海は青いの?」「雨って何?」「恐竜に何が起こったの?」などなど。

ちなみに、海が青い理由は、太陽の光のうち波長の長い赤い光が水に吸収され、青い光だけが通過して海中深くまで進んで行くからなんだそうですが、、

この絵本ではひと味違った方法で答えています。”魚がギターを取り出して悲しい歌を歌って、青色の涙を流しているから”と。その他の質問に対しても夢が広がる返答が載っています。

『Just Because』の詳細

  • 作者/Mac Barnett
  • ページ数/40ページ
  • 大きさ/25.55 x 1.12 x 30.81 cm
  • 絵本のイメージ

あらすじでも紹介したページです。海が青いのは魚の青い涙なんだよと言われたら海を見ると魚が泣いていないかと心配してしまう子どもさんも出てきそうですが。でもそういう世界があるのかなと想像を膨らますという観点では楽しいです。

『Just Because』の英語表現

  • branch「枝」
  • fetch「取りに行ってくる」
To fetch new leaves for trees.木々の新しい葉っぱを取りにいくため。
  • asteroids「小惑星」
Millions of years ago, thousands of asteroids fell on the earth.何百年もの前に、何千もの小惑星が地球に落ちてきた。
  • fasten「しっかり留める/くくりつける」
Dinosaurs fastened themselves to big balloons, floated up to space, and stayed there.恐竜たちは自分たちを大きい風船にくくりつけて、宇宙まで浮かび上がってそこに滞在していた。

まとめ

『Just Because』では答えに触れられていない疑問が載っているページがあります。

例えば「馬をどのように飼いならすの?」「虹って何?」など。これらの質問にお子さまと一緒に考えていくのも楽しい時間になると思います。

そして『Just Because』の絵本の中での最後の質問、「なんで寝ないと行けないの?」に対する返答が一番私は好きです。これを言われたら寝るのが楽しみになります。ぜひその返答はこの『Just Because』を読んで確認してみてくださいね。

  • りんごだけどりんごではないかもしれないといろんな想像を膨らませていく絵本です↓

【りんごかもしれないの英語絵本】『It might be an apple』を紹介します

  • 動物の鳴き声を色々学べる1冊です↓

【英語絵本】動物の鳴き声を英語で/Polar Bear, Polar Bear, What do you hear?を読んでみよう

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました