【りんごかもしれないの英語絵本】『It might be an apple』を紹介します

英語絵本

どうも!nahoです。

日本語版の『りんごかもしれない』という絵本はご存知の方も多いかと思います。今回は『りんごかもしれない』の英語版『It might be an apple』を紹介します。

ご存知ないという方のためにあらすじだけざっと紹介します。

あらすじ

ある日、男の子が学校から帰ってくると、テーブルのうえにリンゴが置いてありました。
しかし、そのりんごを見て、とある疑問を抱いてしまった男の子。

「もしかしたらこれは、りんごじゃないのかもしれない」

りんごがりんごであることを疑う男の子の想像は、とどまるところを知らずにどんどん大きくなっていきます。
これはりんご型のメカかもしれない!? 機能満載、リンゴメカの解剖図!
はたしてこれは本当にりんごなのか??
男の子が思い切って、ひとくちかじってみると……

『It might be an apple』の詳細

  • 作者/ヨシタケシンスケ
  • 出版社/ブロンズ新社
  • ページ数/32ページ
  • 大きさ/25.7×20.5cm
  • 絵本のイメージ

このページのようにりんごがおしゃれしていろんな髪型をしているところもあります。発想がとっても面白いですよね。

『It might be an apple』の英語表現

この英語絵本の中に出てくる英語表現を紹介します。

  • It might not be an apple at all.「それは全くりんごでないかもしれない。」
  • fill with「〜でいっぱい」
  • curl up「身体を丸めた形にする」

It might be a red fish,curled up into a ball.「それは身体を丸めてボールになっている赤い魚かもしれない。」

前置詞intoを詳しく解説したブログ記事はこちらです。【前置詞intoは中へだけではなかった?!】エリックカールの英語絵本『little cloud 』で解説

  • hatch「孵化する」
  • as〜as

as〜asを説明しているブログ記事はこちらです。【as〜asってどんな意味?】英語絵本『Guess how much I love you』で習得しよう!

It might as grow as a house.家と同じくらいの大きさになるかるかも知れない。

  • in disguise「変装して」
  • bait「わな」
  • gulp「飲み込む」

まとめ

いかがでしたでしょうか?私は、次は何?何が出てくるの?と続きが気になって仕方がない絵本でした。娘はりんごがいろんな髪型になっているページが気に入ったようです。

ヨシタケシンスケさんは他にも絵本を出されているので、近々そちらの絵本も紹介できればと思います。

りんごのように変装するのを楽しむ絵本は他にもこちらです↓

【ハローウィンにぴったりな英語絵本】『This is Not aPumpkin』を紹介します!

【英語絵本】ハローウィンにもぴったりな仕掛け絵本『Go Away, Big Green Monster!』

コメント

タイトルとURLをコピーしました