【英語絵本】If you give a mouse a cookieを日本語で/数えられる名詞と数えられない名詞の違い/give+人+物

英語絵本

どうも!nahoです。

今回はIf you give a mouse a cookieを解説していきます。

あらすじ

たまたま出会ったネズミにクッキーをあげると、次はミルク、ストロー、、とどんどんネズミが欲しいものがエンドレスで出てくるというお話です。

可算名詞と不可算名詞の違い

可算名詞

可算名詞は1つ、2つと数えられる名詞のことです。

犬、猫、箱、本、椅子、時計、リンゴ、、など身の回りにたくさんありますよね。

不可算名詞

この絵本の中に、a glass of milkがでてきます。これはミルクが不可算名詞(数えられない名詞)なので、milksとならず、a glass of milkと書かれています。不可算名詞はリットル、グラムで測るものです。

2杯→two glasses of milk

3杯→three glasses of milk

数字+glassesで複数形を表すのです。

液体や気体

  • air(空気)
  • smoke(煙)
  • gas(ガス)
  • steam(蒸気)
  • water(水)
  • beer(ビール)
  • wine(ワイン)
  • juice(ジュース)
  • coffee(コーヒー)
  • rain(雨)
  • snow(雪)
  • wind(風)
  • blood(血)など

素材・食べ物など

  • cotton(コットン)
  • wood(木材)
  • wool(羊毛)
  • coal(石炭)
  • beef(牛肉)
  • fish(食べ物としての魚)
  • butter(バター)
  • cheese(チーズ)
  • honey(はちみつ)など

形がはっきりしないもの

  • food(食べ物)
  • furniture(家具)
  • clothing(衣類)
  • baggage/luggage(荷物)
  • jewelry(宝石)
  • money(お金)
  • cash(現金)など

家具を取り出して説明しますと、椅子やテーブルなどは1つ、2つと数えられますよね。でも、家具と総称すると数えるのが難しいですよね。

お金はというと、数えるのはcoins(コイン)やbills(紙幣)です。お金とくくってしまうと数えられなくなるので不可算名詞になります。

感情や概念など

幸せ、怒り、愛などに加えて、電気や時間なども不可算名詞です。

give +人(動物)+物

giveは、give+人+物の順序で「人(動物)に〜をあげる」の意味になります。

この絵本の中では、You give a mouse(動物) a cookie(物)「君がネズミにクッキーをあげる」

タイトルではIf がついているので、「もし君がネズミにクッキーをあげると」の意味になります。

人(動物)と物を入れ替えると間にtoが入って、

You give a cookie to a mouse.になります。

本文

If you give a mouse a cookie,

もし君がネズミにクッキーをあげると、

he’s going to ask a glass of milk.

ネズミは1杯の牛乳をほしがるだろう。

When you give him the milk,

牛乳をあげると、

he’ll probably ask you for a straw.

ネズミはストローをほしがるだろう。

続き

著作権の関係で全文は載せられません。続きの文も知りたいという方はお知らせください。

お子さまに英語の絵本を読んだり、お母様に英語の絵本講座も今後開く予定です。もう少しお待ちくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました