【赤ちゃんもクリスマスにオススメの英語絵本】『Happy Christmas, Spot』

英語絵本

どうも!nahoです。

もうすぐクリスマスも近づいてきましたね。今年はコロナの影響で派手にクリスマスパーティーを開くことも難しいと思いますので、クリスマスの英語の絵本をお子さまに読んであげてクリスマスの気分を高めていきましょう。

今日紹介するクリスマスの絵本は『Happy Christmas, Spot』です。ではあらすじから紹介していきます。

『Happy Christmas, Spot』のあらすじ

あらすじは至ってシンプルです、スポットや友だちにクリスマスプレゼントが届いて、フラップをめくって答えを確認していくというものです。

絵本のイメージ

プレゼントのシルエットが描かれているので、フラップをめくる前にこれは何だと思う?という予想で盛り上がります。

フラップをめくるとそれぞれのプレゼントが出てきます。トランペットの音は「toot!toot!」と表すことも一緒に学べます。

参加型で楽しい絵本なので赤ちゃんや1歳から読み聞かせできます。

『Happy Christmas, Spot』の英語表現

この絵本で出てくる英語表現を紹介します。

What can it be?

「それは何の可能性がありますか」→「それは何ですか」という意味です。

What has Steve got for Christmas?

「スティーブはクリスマスに何をもらいましたか?」

have gotはhaveとほぼ同じ意味で使われています。例えば、I have got good news for you.なら「あなたにいいニュースがあるよ。」となり、I haveで置き換えてもあまり意味は変わりません。

Brilliant!

「素晴らしいね!」

Lift the page

「ページをめくる」

まとめ

スポットシリーズの絵本はなんといっても絵がかわいいですよね。色もカラフルなので特に小さいお子さまにはオススメの絵本です。

他にもクリスマスにオススメの絵本はこちらです。

【日本語訳】Davidシリーズの「It’s Christmas,David!」を日本語に訳して読んでみよう。lump of coalって何?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました