【寝るのsleep/go to sleep/fall asleep/get to sleepの違いは何?】英語絵本『go to sleep』で解説します

英語絵本

『sleep』『fall asleep』『go to sleep』『go to bed』など日本語ではすべて「寝る」の一言で通る表現も英語では様々あります。

この違いが英語絵本『Go to sleep』でよく分かる表現があったので紹介します。

sleep(眠る状態が続く状態)

動詞の「寝る」という意味で使うときは、「眠る」という状態が続いているのが “sleep” です。(名詞の意味では「睡眠」です。)

How long did you sleep last night?

例えば、「昨日の夜は何時間寝ましたか?」を尋ねる時に使います。寝ている状態が続いている時に使うのがsleepですから、「何時間寝た?」と尋ねることができますよね。

「昨日の夜は何時に寝ましたか?」と尋ねるときに使う人がいますが、この文章は正しくありません。眠っている状態が続いていることをあらわす “sleep” と、ピンポイントの時間を尋ねる “what time(何時)?” はあまり一緒には使われないからです。

では「何時に寝た?」は何と言うのでしょうか?続いて説明します。

go to bed(ベッドに向かう)

寝るために「(物理的に)ベッドに向かう」ことを言うときに使います。

ですので、「何時に寝た?」(=何時にベッドに行った?)と聞くときに使えるのですね。

What time did you go to bed last night?
「昨日は何時に寝ましたか?」

fall asleep / go to sleep / get to sleep

「眠る」という状態が続いているのは「sleep」でしたね。

では、「眠りに落ちる」というときは何と言うのでしょうか?

「眠りに落ちる」と言うときは「fall asleep」 と言います。

また、 「go to sleep」と 「get to sleep」 も「眠りに落ちる」という意味があるので、意味の違いを紹介します。

fall asleep(無意識に寝入る)

「asleep」 とは、形容詞で「寝ている」という状態をあらわします。それに「〜の状態に陥る」という意味の 「fall」がくっついて「寝ている状態に陥る=眠りに落ちる」という意味になります。

『Go to sleep』の絵本の中でも、こんな文が書かれています。

go to sleep(意識的に眠りに入る)

無意識の「寝入る」をあらわすこともできる 「fall asleep」に対して、意識的に「寝る(眠りに入る)」をあらわすのが 「go to sleep」です。

絵本のタイトルにもなっている『Go to sleep』ですが、本文にもたくさん書かれています。

get to sleep(疑問・否定文で頻繁に使われる)

「get to sleep」も 「fall asleep」と似たような意味ですが、疑問文や否定文で使われることも多いです。

よく耳にするsleep/asleepを使った表現

get some sleep:ちょっと寝る

「少し睡眠をとる」というニュアンスです。睡眠不足で疲れている人に「ちょっと寝たら?」と言うような場合には “Go to bed.” とは言わず、名詞の “sleep” を使ってこのように言うことが多いようです。

sleep in/late:(わざと)朝寝坊する

週末の朝などに、遅くまでゆっくり眠ることをあらわすフレーズです。うっかり朝寝坊するという意味のは“oversleep” です。

sleep like a log/baby:爆睡する

直訳すると「丸太のように眠る」ですが、これは「ぐっすり寝る」をあらわします。

half asleep:(目覚めた後に)ぼんやりして

朝起きたときや昼寝から目覚めたときに、しばらくぼーっとしている状態のことを指します。

まとめ

「寝る」と一言に言っても英語では大きく分けて5つの言い方がありましたね。使いこなせるようになると英語での表現も広がりますね。

『go to sleep』の絵本の主人公は、ずっと寝れなかったのですが、豚/お母さん/怪獣のうるささに耐えきれず疲れてしまいようやく「fall asleep」できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました