【赤ちゃんから読める英語絵本】こんなとき何て言うのかが分かる絵本を知っていますか?

英語絵本

今回は赤ちゃんからでも読める英語絵本「Excuse Me!」を紹介します。

「Excuse Me!」の特徴

  • 6つの場面で英語で何て言うのかが分かる。
  • 字が大きい。
  • めくりあげて読んでいくいわゆる仕掛け絵本。

「Excuse Me!」のイメージ

字が大きいことやそれぞれのページでページをめくりあげていくことをつかんでいただけましたか?

字が大きいのでお子さまが一人読みする絵本にも適しているかも知れません。

6つの場面

食事

○○が欲しい(食べたい)?とお母さんに聞かれた時の答え方

No, thank you(ううん、いらないよ)

子どもに野菜などを食べる?と聞いてNo, thank you.ばかり言われていたら嫌ですけどね。

失礼

げっぷをしてしまった時

Excuse Me!(失礼しました!ごめんなさい!)

げっぷをするはburpですね。では、「おならをする」は何ていうか知っていますか?おならをするは“fart”と言います。

おならをしたあとも“Excuse Me”ですね。

ごちそう

ごちそうが欲しいか聞かれたとき

→”Yes, please!”(はい、お願いします!)

ごちそうが“treat”でこの絵本には書かれています。

“snack””pudding””ice cream”などを欲しいか聞かれたとき全て“Yes, please”とも答えられますが、“Thank you”を忘れないように伝えたいですね。(国民性によりますが。)

失敗

おもちゃを壊してしまったとき

I’m sorry!(ごめんなさい!)

プレゼント

プレゼントをもらった時

Thank you!(ありがとう!)

おやすみ

おやすみのあいさつをする時

Good night ! I love you!(おやすみなさい!愛してるよ!)

tuck you in

ここで書かれているtuck you inとは「ベッドに寝かせて布団などをかけてあげる」ことを意味します。

まとめ

「Excuse Me!」の絵本でも最後I love youで締めくくられています。お子さまに読んであげるとこの本を読んでギューと「I love you」と言って抱きしめるなどスキンシップが図れます。

お子さまとスキンシップが図れる絵本はこちらもオススメです。

【英語絵本】I like it when..を日本語に訳して読んでみると、、?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました