【英語絵本】Dear Zooを日本語で読んでみると、、?!

英語絵本

今回は「Dear Zoo」の英語絵本を日本語に訳して読んでいきましょう。

この絵本は仕掛け絵本になっていて、動物や箱の一部を触れるようになっているので、子どもたちも毎回読み聞かせをとても喜んでいます。

冒頭

I wrote to the zoo to send me a pet.

主人公が動物園にペットを送ってほしいという手紙を書いたんですね。

ゾウ

最初に送られてくるのは象です。

floppy ear「垂れ下がった耳」

でも大きすぎたので動物園に送り返しました。

キリン

hairy neck「毛深い首」

キリンの首の後ろの毛を触れるようになっています。

でもキリンは背が高すぎるので送り返しました。

ライオン

fierce「どう猛な」

次に送られてきたのはライオンですが、、、

He was too fierce.

ライオンはどう猛すぎたのでもちろん動物園行きです。

ラクダ

grumpy「不機嫌な」

ラクダはというと不機嫌すぎたので動物園送りです。

ヘビ

bumpy「でこぼこな」

ヘビが入れられているのが「bumpy basket=でこぼこの箱」ですね。

He was too scary.

ヘビは怖すぎたようで同じく動物園へ送り返します。

サル

naughty「いたずらな」

おさるさんはいたずらっ子すぎたのですね。

カエル

ではカエルはどうでしょうか?

jumpy「跳んだりはねたりする」

カエルは跳びすぎるのでペットにはならなかったのです。

さて、結末は、、?

そして最後に送られてきたのは何でしょうか?無事ペットとして飼える動物が送られてきたのでしょうか?ネタバレになるのでここでは言えませんので、ぜひ絵本を手にとって読んでみてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました