ママ1分英語②『風邪ひかないように気をつけて』など風邪にまつわる表現は英語でどう言う?

日常1分英語+中国語

どうも!nahoです。

とうとう風邪やインフルエンザのシーズンがやってきましたがお子さまには体調悪くなってほしくないですよね。

なんせ風邪をひかれると私の子どもは夜寝なくなる、機嫌が悪くなるので私はなんとでも死守したいと思っています(笑)

今日は風邪をひくなどの表現を早速みていきましょう。

風邪をひく

風邪をひくはcatchをつかってcatch a coldと言います。catchは「つかむ」という動詞ですね。

風邪をひいたと言うことが主だと思いますので、catchの過去形のcaught(コート)を使って

I caught a cold.と言います。

『上着を着ないと風邪ひくよ~』

You should put on jacket if you don’t want to catch a cold.

should…~すべき

put on…着る(wear…着ている)

jacket…上着

don’t want…したくない

catch a cold…風邪をひく

直訳すると、「風邪をひきたくないなら上着きて」という意味になります。

『風邪ひかないように気をつけて』

Be careful not to catch a cold.

Be careful…気を付けて

not to catch a cold …風邪ひかないように

『ちょっと体調が悪い』

少し体調が悪いときは、

under the weather…「体調が悪い」という表現を使って

I’m a bit under the weather.

もしくは、feelという動詞を使って、

I feel a bit under the weather.

と言えます。

 

ちょっと体調が悪い?と相手に聞くときは

Are you a bit under the weather?

もしくは

Do you feel under the weather?

『インフルエンザにかかった』

come down with…(病気に)なる

flu…インフルエンザ

インフルエンザにかかったという過去形なので、

I (You) came down with the flu.

と言えます。

『熱がでたね』

熱…fever

haveやgetの過去形であるgotを使って、

You have a fever.もしくは、you got a fever.と言います。

『熱が下がったね』

「熱が下がる」を「なくなる」「消える」の意味のgoneを使って、

You had a fever, but today it’s gone.

と言えます。

まとめ

いろんな風邪にまつわる表現を紹介してきましたが、あなたやお子さまがこの表現を使わなくてすむといいですね。Take care!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました