【3歳半検診】どんなことするの?内容ややり方を紹介します

知育

先日娘の3歳半検診を行ってきました。事前に知っておきたかったなということがたくさんあったので内容とスムーズにいく方法などをお伝えします。

この内容は自治体によって大分差があると思いますので、詳しい点は各自自治体にお問い合わせください。

受付

今はコロナによって混雑によって受付の方法が変わっている自治体もあるかもしれません。私が住んでいるところも事前予約に変わっていました。13時〜、13時15分〜、13時30分〜など15分ごとに区切られていました。

ただ、早く検診を終わらせたいのなら13時〜がオススメです。他の時間帯は、13時〜の方々の検診が万が一が遅れていくとどんどん遅くなってしまう恐れがあるからです。

持ち物

  • 母子手帳
  • お家で書いてきた問診票
  • 体温チェック表(コロナなので事前に配られている場合です)
  • バスタオル/ポンチョ(身体測定のときにパンツ1枚になるのでその時に羽織る用です)
  • 退屈になった時に遊べるもの(コロナでおもちゃがおいていないところが多いと思うので、お子さんが遊べるものを持っておくとお子さんがぐずらなくてすみます)
母子手帳に挟んでいるものは抜いておきましょう。受付での一手間が減ります。

ブラッシング

これもできることならお家や園で済ませておくたほうが良いです。当日ブラッシングをする場所を確保してあるところもあると思いますが、その場合歯ブラシセットも持ってこないといけなくなり荷物も増えますし、お子さんの機嫌によってはそのときに歯ブラシできないなんてこともあるかも知れません。事前に終わらせられるものは終わらしておきましょう。

問診

それぞれ何色かな?

→積み木で何色かを聞く。(赤、緑、黄、青)

バナナみたいなのはどれ?

→黄色のブロックを指ささせる。

赤は何かな?

→トマト、りんごなど赤色の象徴の食べ物を答えさせる。

緑は何かな?

→ピーマン、ほうれん草など。

○○ちゃん/○○くんは何歳になったのかな?

→年齢を答えさせる。

○○ちゃん/○○くんは女の子かな?男の子かな?

→女の子と男の子を答えさせる。

お腹が空いたらどうする?

→ご飯を食べるなどを言わせる。

外にいる時に雨が降ってきたらどうする?

→お家に入る、傘をさすなどを言わせる。

大きい○、小さい○を描いてみて。

→紙に大きい○と小さい○を描かせる。

+を真似して描いてみて。

→+を描かせる。

ささやき声検査

事前にお家でやっていく自治体が多いのではないでしょうか。

やり方

  1. お家で1メートル離れて座って、お子さんに絵が描いてある紙を見せます。
  2. それぞれの名前をお家の方がささやくように言い、お子さんがその絵を指させるかみます。

チャンスは1回だけなので、もしお子さんが指させなければ正直に紙に書いて検診に持っていきます。会場の別室でささやき声の検査が行われると思います。

歯科検診

虫歯や歯に異常がないか診てもらい、フッ素も塗ってもらえます。

計測

パンツ1枚になり、計測していきます。

診察

小児科の先生により、聴診器で診察してもらいます。

視力検査

  1. 検査をする方は3メートルほど遠くにいます。
  2. ハンドルのようなCの形に切り取られたものを回していきます。(検査の方が示す形に合わせます)
これも事前にお家で練習していくとスムーズにいきます。ハンドルを使わなくて空いているところを指差していくのでもOKでした。

検尿

検査の合間に検尿をして出します。事前に家できれいな容器に取って持っていくのも可です。私は事前にきれいなペットボトルに入れて持っていきました。ただ、容器は持ち帰らないといけません。

個別相談

検診で置こなったことをもとに個別相談が行われます。視力検査や尿検査の結果もここで分かります。また、栄養相談などもできるようです。

まとめ

私は問診の内容を何も確認せずに行き、「あっそんなことも聞くのか」と思ったので、このブログが事前に検診の心構えの助けになると嬉しいです。スムーズに検診が終わると良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました