【要約/多忙問題を解決】著書『エッセンシャル思考』

こんなことはあなたやあなたの周りでありませんか?

優秀な人ほど周りの期待値は上がり、本人もそれに応えようと頑張ってしまい、多忙になってしまうという悪循環に陥ってしまう、、

この多忙になってしまうのを解決する方法3つが著書『エッセンシャル思考』に載っています。

  1. 見極める
  2. 捨てる
  3. しくみ化する

一つひとつどんなことをしていくのか見ていきましょう。

見極める

まず知っておいていただきたいのがパレートの法則です。

パレートの法則とは、2割のものが8割の成果を生み出すというもので、ほとんどが無駄なことをしているということです。

ですので、見極めるという力がとても大切です。

孤独

1日のうちで何もしない空白の時間を持ちます。もちろんこの時はスマホの電源も切っておきます。

この孤独の時間こそがアイディアを生み出していくのに必要なのです。

睡眠

あなたにとって最大の資産は何だと思いますか?お金?パートナー?それとも仕事でしょうか?

実はあなたにとっての最大の資産はあなた自身なのです。

睡眠を8時間は確保して、体力を養ってください。まずはそこからです。

選抜

  1. 最低限の仕事条件を書き出します。(時給いくら、勤務地、時間等々、、)
  2. 理想の仕事条件を書き出します。
  3. 自分に来た仕事の案件や働こうと思っている条件の仕事は最低限と理想の仕事条件のどのあたりに属するのかを考えます。
  4. 理想の仕事条件に限りなく近くないと全てその仕事は断ります。

このようにして自分の時間を確保してやるべきことをやっていくのです。

捨てる

次はどのように本来やるべきことではないことを捨てていくのかをお伝えします。

まず、そのためにもあなたの目標を明確化することが必要です。

例えば、世界中から貧困で苦しんでいる人をなくす/日本人全員をお金持ちにする等の目標はどこにあたると思いますか?

一般的であり、刺激的なのでビジョンの目標です。キングコング西野さんが掲げておられるご自身が作っている映画でディズニーを抜くというのは具体的な指数が明示されていないので、ビジョンです。

目標を作る際は、一般的であり、かつ具体的である本質にあたるようにします。

例えば、何年までにどれくらいの人数を集めていくらくらい稼ぐ/学校を作る等々です。

トレードオフ

私たちは全てを手に入れることは残念ながらできません。健康/家族/仕事/友人のうち2つを消して2つだけを大切にしていきます。

あなたはどの2つを消しますか?

断る

誰もが何かを売り込んでいるので、あなたにとって良い条件でなければ勇気を持って断りましょう。

もし仮に引き受けたとしても短期的な好意しか持たれませんが、勇気を出して断ると敬意を払われることになるそうです。

しくみ化する

習慣づくり

捨てたり逐一そのことについて考えると体力と気力を使うので気持ちがゆるがないようにしくみ化=習慣作りをしていきます。

あなたにとって悪い習慣になっていると思うことは何でしょうか?

例えば夜になると棚から甘いものを取り出してしまうなどはありませんか?

その行動をとってしまうトリガー(引き金)を見つけます。上の例で言えば、甘いものを食べるために棚の前まで行っている訳ですよね。

  • 棚の位置を変えてしまってトリガーを変えてしまう。
  • 棚の前まで行ったら開けずにその場でスクワットする。
  • 甘いものの変わりにナッツにするなどカロリーの低いものに変える。

つまり、トリガーを変えてしまうか、トリガー後の行動を変えるようにするのです。

ただし、全ての悪い習慣を全て一気に変えてしまおうとしても無理です。大切なのは一つひとつの行動に集中して今月はこれを変えると集中することです。

今ここに集中できることがエッセンシャル思考だそうです。そんな思考で人生が送れたら素敵ですね。

他のオススメ本

【一流ってどんな人?】『一流の人に学ぶ心の学び方』を紹介します

【クビになる準備はできているか?】『New Eliteニューエリート』を紹介します

【お金=信用である】「99%が気づいていないお金の正体」はどんな本?

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました