【一生お金に困らない子どもにするために】『おカネの天才の育て方』を紹介します

お金に困らない人生を自分の子どもに送らせることができるとしたらそれほど親として安心できることはないのではないでしょうか。

今回は、一生お金に困らない子どもにするためのお金の話が存分に収録されている『オカネの育て方』を紹介します。

子どもに教えなくていいこと

  1. 収入→ただし、日本の世帯所得の中間値に比べて自分の家庭がどのあたりにいるかは教えて良い。(日本は436万円)
  2. どちらの親がより稼いでいるか
  3. 退職年金口座の貯蓄額
  4. 親戚の○○がケチ、金持ち、ヒモみたいだという話
  5. ベビーシッターやお手伝いや家庭教師にいくら払っているか→教えてしまうと子どもの方が立場が上だと勘違いしてしまう。
  6. プレゼントにいくら使ったか
  7. 学費の不安→目的のある対話とただ不安を煽るのは違う。

貯金

かの有名なマシュマロテストで我慢できた子どもの方が生涯貯金額と多いと言います。

【育児本】成功する子・しない子が分かる『マシュマロテスト』を読んでみた

子どもに貯金させる具体的な方法

  1. 前持って準備する→お店に入るときは今日は何を買うかを伝え子どもにそれ以外のものが欲しいと駄々をこねられても断る。
  2. 先のことを考える→今その場で欲しいものを買ってしまうと後に欲しいと思っていたものが手に入らなくなる。
  3. 気を散らす→何でもいいので話をして逸らす。
  4. 想像力を使う→目の前の欲しいものが写真か絵のようなものだと教える。
  5. 習慣にする→貯金を習慣にしてしまう。現金を手にしたらすぐに貯金箱に入れる。
  6. 「賢い子どもはどうするかな?」と自問させる。

3番目の話を逸らす方法は特にできる子どもとできない子どもに分かれそうですね。年齢によっては違う話をして余計に泣いてしまう子どももいそうですので、お子さんに合う方法を試してみてください。

年齢別にみてみよう

就学前

教えること

  • 数と小銭。
  • 待つのはいいこと。
  • 仕事がお金になる。
  • 欲しいものがいつでも手に入るわけではない。
  • 物を買うにはお金がかかる。

親の態度

小学生

教えること

  • 手に入れたお金の4分の1は貯めさせる。
  • 機会損失について。(何かを得るために何かを諦めるということ)
  • お小遣いで買っていいのは何かを予め決めておく。
  • 家のお手伝いは家族の一員として当たり前ということを教える。
  • クレジットカードを使うともっとお金がかかる。
  • オンラインで個人情報を渡してはいけない。

親の態度

  • 現金を使う。
  • お手伝いとお小遣いを切り離す
  • どんな職業の人に対しても尊敬を忘れない。

中学生

教えること

  • 現金を使う。
  • 万が一に備えてお金を置いておくこと。
  • 仕事を引き受けるときは適正な値段を要求すること。
  • 一度決めたら最後までやり通させる。
  • 最低賃金を理解させる。

親の態度

  • 店舗のある銀行と取引をさせる。(窓口やATMを使う)
  • 責任ある家事を任せる。

高校生

教えること

  • 今支払えるものだけを買う。
  • 大学資金を貯めさせる。(全額でなくてももちろん良い)
  • ネット銀行に貯金させる。(店舗の銀行よりネット銀行の方が金利が高い場合がある)
  • 友だちとのお金の貸し借りに注意する。

やること

  • 夏休みにアルバイトしてお金を貯める。
  • 税金を支払う。
  • 個人退職年金口座に給料の一部を入れる。

大学生

  • 貯金の一部を大学の学費に充てる。(週20時間までなら良い)
  • 無給インターンのメリットとデメリットをよく考える。
  • 社会貢献について考える。

社会人

  • 「まさかの時のために」お金を貯める。(3ヶ月分の生活費が目標)
  • 金利の高いローンを返済する。
  • 自動引き出しで貯金する。
  • 蓄えができるまで買わない。
  • とにかく働いてみる。
  • 理想の仕事ではなく、今の仕事に打ち込む。

最後に

投資であるインデックスファンドも中学生から始めてみても良いと書いてあります。まず、私自身が投資のことを何も理解していないので勉強して子どもに教えれるようにするところからやってみます。こういった知識を私も小さなうちから知れていたらなと思わないでもないですが、今日が人生で一番若い時であることに変わりはないですし、娘に教えられるチャンスと思って今日から始めてみます。

こちらもオススメ

【世界で活躍する子どもを育てるには!?】『世界標準子育て』を紹介します

【一流ってどんな人?】『一流の人に学ぶ心の学び方』を紹介します

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました