【要約/要点】本当の自由を手に入れる『お金の大学』

You Tubeでもお金に特化したチャンネルで飛ぶ鳥を落とす勢いの両@リベ大学長がお金にまつわる本を出版されました。

それが今回紹介する『お金の大学』です。

この本には

  1. 貯める
  2. 稼ぐ
  3. 増やす
  4. 守る
  5. 使う

の5つノウハウが載っていて、特に貯める/稼ぐ/増やすに特化されており、いわばお金の初心者のための本です。

では早速紹介していきます。

経済的自由

まずあなたは経済的自由はどういうことを意味するかわかりますか?

お医者さん、地主さん、社長、、とかの人のこと?

職業で決まるわけでも、貯金額で決まる訳でもありません。生活費より資産所得が多い状態のことを経済的自由と言います。

資産所得って?

資産を働かせること(投資)によって得られる収入で、配当や利子所得、不動産所得などが資産所得です。多くの人は自分が働くことによって収入を得ているので労働所得(給与所得/事業所得)にあたります。

お金持ちの定義が貯金額でも、労働所得でもないというのがお金の知識初心者の私には驚きでした。

貯める

効率よくお金を貯めていくにはコツコツ節約していくのも大切ですが、それ以上に大きい固定費を見直すことが必要です。

通信費

格安SIMの会社に変えます。携帯の大手会社と格安会社の違いは

  • ラインのID検索ができない
  • 混み合っている時間に通信が遅くなる
  • @docomoなどのキャリアメールが使えない

というたったこれだけの違いです。

これだけなら格安SIMにしても何の問題もないですよね。私も格安会社に変えましたが何の不便さもありません。

光熱費

電力会社を安い料金の会社に乗り換えます。ネットで自分の家の使用量などを入力すると各会社でどれだけ安くなるかが分かるので一度調べてみてください。

月1000円でも安くなったら1年で12000円も安くなりますよね。たったこれだけ?と思うのではなく、こういう支出の見直しが大切なのです。

民間保険

民間の保険は次の3つを除いてほぼ不要です。

  • 火災保険
  • 対人対物賠償保険
  • 掛け捨ての生命保険

確立が高くても低くても損失が小さいものは全て貯金でまかなうようにします。よって対人対物賠償保険必要ですが、車両保険は要りません。

私は車を初めて買ったとき車両保険もがっつりつけてしまっていました。今思うと愚かなお金の使い方ばかりしていました。

家は賃貸か購入してしまうかどちらが良いと思いますか?実は家は賃貸の方が良いそうです。

賃貸の方が良い理由

  1. 家は固定資産税、修繕費がかかってしまい、結局は土地だけの価値になってしまう。
  2. リセールバリュー(次にまた売ること)を考えると一等地を買うのが良いが、不動産初心者の私たちに余っている一等地は回ってくるはずがないそうである。

車を所有していると保険やガソリン代なので生涯で4000万円使うことになるそうです。

車は買わずにレンタカーやカーシェアリング、タクシーなどを利用するほうが結果としてお得だそうです。

稼ぐ

ステップアップをするという考えを持ちます。

  1. 会社員で給与をもらう(←安定性が高いが、リターンは少ない)。
  2. 事業を始める。
  3. 利子配当不動産業をして資産所得を増やす。

副業

源泉徴収をもらわなければ基本会社に副業しているということはバレないようです。

副業もしくは転職をするときに考えることは事業が拡大する見込みがあるか否かです。

ブログ、You Tube(発信、動画編集)、メルカリ、ヤフオクなどで簡単に副業は始められます。

お金を生み出すストック型で事業所得を得るシステムを作ることが大切です。

しかし、絶対にやってはいけない副業は次の4つです。

  1. アルバイト
  2. ネットワークビジネス
  3. 投資(副業は副業、投資は投資でメリハリをつける)
  4. ノウハウも身につかず、未来に単価も上がらない仕事(ポイ活、データ入力、単価激安のライターなど)
他には楽して稼げるなどの謳い文句のものは絶対にやってはいけないようです。

増やす

お金を増やしていくときは生活防衛資金をあらかじめ取っておき、余剰金で増やしていきます。

会社員であれば半年分、自営業であれば1年分の生活資金を取っておきます。

お金を増やすときにやってはいけないのは

  • 銀行などの窓口にいく
  • 新築ワンルーム投資
  • 未公開株
  • ポンジスキーム(詐欺の一種。「出資してもらった資金を運用し、その利益を出資者に(配当金などとして)還元する」などと謳っておきながら、実際には資金運用を行わず、後から参加する出資者から新たに集めたお金を、以前からの出資者に“配当金”などと偽って渡すことで、あたかも資金運用によって利益が生まれ、その利益を出資者に配当しているかのように装うもののこと ウィキペディアより)

守る

お金を守る力があると経済的自由を達成できるようです。100年前から受け継がれているバビロンの大富豪の教えにも『お金を天敵から堅守せよ』とあるようです。

失っていく代表的なものは詐欺やぼったくりに遭う、浪費する、インフレで削れるなどです。

使う

意味のあることにお金を使っていこうという考え方です。

  1. 寄付、プレゼントをする
  2. 自分が本当に好きなものにお金を使う
  3. 自己投資
  4. 時間を買う(時短家事、家事代行など)

感想

このお金の考え方を高校生の時に知っていて実行できていたら今頃どうなっているだろうかと正直思ってしまいます。ですがこの本にもあるように『今が人生で1番若い時』であるので、遅かれながら今からできることを私も地道にやっていこうと思います。

この本もオススメ

【一生お金に困らない子どもにするために】『おカネの天才の育て方』を紹介します

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました