【性教育】『13歳までに伝えたい女の子の心と体のこと』を読んでみた

お子さまがいらっしゃる方は性教育どうしていったらいいのかなと思われていませんか?

『13歳までに伝えたあ女の子の心と体ののと』は性教育に関してふわっと書いてあり、本の中に漫画やさらに漢字にふりがなもうってあるのでお子さまと一緒に読んで、性教育の第一歩の本として適していると思います。

では本の内容の一部を紹介していきます。

生理

この章では

  • ナプキンの種類
  • ナプキンの持ち方
  • 生理の時の過ごし方
  • 生理のメカニズム
  • 基礎体温

について書かれています。

生理の時の過ごし方

  • いつもより意識してニコニコ
  • 適度に体を動かそう
  • リラックス
  • ぬるめのお風呂にゆっくり入る
  • 足浴する
  • しっかり睡眠をとる
  • 体を冷やさないファッションをする

この他にも生理の日に名前をつけて生理と仲良く過ごす意識を持とうという項目もありました。生理の時はただでさえイライラすることが多いですし、幼いうちからこういった意識を持っておくと生理に振り回されることが少なくなるかも知れませんね。

生理のメカニズム

生理が起こるメカニズムやまた違う章では赤ちゃんができる仕組みも紹介されていました。私は恥ずかしながら、どちらもきちんと理解していなかったのでこの本によって知識がつきました。

生理のメカニズムにつてこのように漫画で分かりやすく説明されています。

  1. 卵子は卵巣の中の卵胞という袋の中で休んでいる。
  2. 毎月一回卵胞を成熟させるホルモンが出ることによっていくつかの卵胞が大きくなる。
  3. その中の1つが毎月排卵する。
  4. 卵胞から卵子が飛び出るが、その時固い壁を破り卵巣を傷つけながら出てくる。
  5. 排卵で飛び出た卵子を必死に卵管がつかんで子宮に送る。
  6. 精子と出会わなかった卵子は生理となって出てくる。

なんだか複雑な仕組みですよね。でもこの複雑な仕組みを毎月毎月律儀に自分の体の中で行われているのだと思うとなんだか体が愛しくなってきませんか?私は体ってすごいな!って率直に思いました。

健康な体を作るために

健康な体を作るためにNGなことは次の6点です。

  • 偏った食事
  • 冷たいものや甘いものの食べすぎ
  • 運動不足
  • ネガティブな考えや言葉
  • ダイエットなど体に無理ストレスをかける
  • 姿勢の悪さ/体のゆがみ

その他

男の子の射精が起こる仕組みや望まない妊娠などについても書かれています。

男の子に嫌われたくないからといって断われずに性行為をしてしまったら後にどうなってしまうのか、あなたの夢はどうなってしまうと思う?と問いかけがされていてここがこの本の核だと私は思います。

若い女の子の128人に一人は望まない妊娠によって中絶されているようです。この数字を聞くともう他人ごとではなくなってきませんか。私の子どもは大丈夫だからなどと思わずに男の子も女の子も小さいうちから性教育を親が恥ずかしがらずに性教育をしていくことが必要不可欠だと思います。

性教育を当たり前にできる社会になるように、まずは家庭からしていけたら良いですね。そうすることによって望まない妊娠はしない/させないことに加えて自分の体を大切にする意識が芽生えてくると思うので。

【子育て中の親御さん必見】『自分でできる子に育つほめ方・叱り方』

コメント

タイトルとURLをコピーしました